小学校低学年の作文を読む

 

手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)

手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)

 

 

 

手袋を買いに

手袋を買いに

 

 

今ではすっかり昔の話になってしまったが、どうやらこの名作童話を小学校低学年の自分が読んだらしいのである。

 

らしいというのは、今目の前に当時の自分が書いた作文があるからで、事実としては眼前にあるものの、記憶としてはもうすっかり抜け落ちているため、たぶんおそらく間違いなく筆跡鑑定をしてもそういう結論になるのだろうということである。

 

そこでどんなものかとここに引用というか転載?してみる。もちろんかなり恥ずかしい文章ではあるが、まぁもうほとんど別人のような気持ちなので、不思議な感覚で。誤字脱字もなるべくそのままに。

 

ちなみに( )内は今の自分からの補足である。改行という概念がないせいか、読みづらいため、適度に改行しています。

 

 

手ぶくろを買いに(を読んで)

 

寒い冬が、北方からきて、きつねの親子がやってきて、子どものきつねが外に出て、いたら、雪が一面にふっていて、子どものきつねはその雪がまぶしいほど反しゃして子ぎつねがその反しゃを受けたので、目になにかささった(と)思った。

 

子どものきつねは、また遊んでいて、雪の上にで遊んでいた。子ぎつねはなにもしらないで雪に上を歩いて、いったら、「ドタドタザッー」と(雪が)落ちてきたのでびっくしりした。それからだんだん手がつめたくなった。しもやけができて、つめたいだろうと思った。

 

母さんぎつねが、子ぎつねの手に息をふきかけた。あたたかい手で、つつんだ。母さんぎつねは、「もうすぐ、あたたかくなるよ。雪にさわるとすぐあたたかくなるもんだよ。」と言った。

 

暗い夜がきて、野原とかを、つつんだ。冬のさむい森(に)なにがいるのだろうと思う。雪がふってきてから子ぎつねは、寒いのによく雪の上をがんばって歩るくなぁと思った。

 

母さんぎつねは、子ぎつねのことを思って人間の手を出すんだよといったけど子ぎつねはなぜ人間の手を出さない(と)いけないかと思った。

(注:魔法のようなもので子狐の片手を人間の手にして、人間に怪しまれないようにその片手だけを戸の隙間から出して手袋を買いに町へ行かせるお話)

母ぎつね(は)どれだけおそろしさをし(っ)ているのだろうと思う。

 

でも子ぎつねの方はなにもしらないから、平気だけど、母さんぎつねは町に行くときの後ろすがたを見てだいぶ心配しただろう。

 

でもそんなことをしらない子ぎつねは平気で歩るく。町には店のかん板に電とうがともっていて、子ぎつね(は)それを見ながら一人でこわくないのかなぁーと思った。

 

そして、やっと、見つかったときうれしか(っ)ただろう。その店の戸(を)「トントン」とたたいたときの気持ち(は)どうだっただろう。たぶんぼくだったら人間だから平気だろう。(だって人間だもの)

 

子ぎつね(の)場合いはものすごくこわかっただろうと思った。そして戸が開くと、光が長くのびたので、子ぎつね(は)こうふんして、(注:実際は光にめんくらって間違えた)反たいの手をだしたと思った。

 

その時出した気持ちはどうかなぁーと思いました。手ぶくろをはじめてさわったときは、どういう気持ちかなぁーと思った。

 

道を歩るくと人間の声が聞こえる。子ぎつねはそのとききっと早くほら穴に入ってぬくぬくとした、母さんぎつねのおなかの下でねたいと思っただろう。

 

そして「シーン」とした所でねたいと思っただろう。でも母さんぎつね(の)方(が)ずっと心配しただろう。子ぎつねも早く走ってほらあなの方へまっしぐらに走りたいと思っただろう。

 

そしてほらあなに帰ってから今までのことを話すと、母さんぎつねはびっくりして人間のこと(を)考えていたらやっぱり人間は本当にいいのかなぁーと思っただろう。

 

人間もそのころはきつねの親子のこと(を)思っているだろう。たぶんきつねのように考えたってきつねってい(い)動物だなぁーと思っただろう。

 

今ごろはきつねの親子がぐっすりねむ(っ)ているだろうと思った。人間の母さんのように美しいねむりうた(を)聞かせただろう。

 

そして子ぎつねはその美しい声を聞(き)ねむっただろう。たぶんやすらかにねむっていただろうと思った。

 

→なるほど。ほとんど物語のナレーションである。ところどころで自分の感想を入れつつ、まぁそのまま本を写していった感ありありの作文であった。盗作なのか。意味の通じない文章があるのはご愛嬌。

 

他の作文も女子がどう言ったから、こう言い返したとか、リレーで誰を抜いた、抜かれたとかほとんど実況である。これが自分なのかと思っただろう。助詞が抜けているなぁーと思った。そして大して今も変わっていないなぁーと思った。

 

そして、今日はもう一冊本を紹介しようと思っただろう。

 

 

生きてるだけで、愛。 (新潮文庫)

生きてるだけで、愛。 (新潮文庫)

 

 

生きているだけで愛を読んで

 

この本の主人公は、女の人です。過眠、メンヘル、二十五歳という設定です。僕はつい最近まで過眠という病気があることを知りませんでした。

 

メンヘルという言葉もほとんど知りませんでした。だから大変だなぁーと思いました。でも、女の人にはやさしい彼氏がいて、部屋にひきこもっている彼女をそっとしてくれています。

 

でも彼女(は)そっとされることさえ、いらいらしていて、冷たい言葉をいったりして僕はひどいなぁーと思いました。でも大人のことだからよくは分からないなぁーとも思いました。

 

お父さんとお母さんもしょっちゅうけんかするけど、別れると言いながら別れないのでそういうもんなのかなぁーと思いました。

 

そして彼女はめちゃくちゃなことばかりするのに彼氏は何も言わなくてえらいなぁーと思いました。彼氏(は)どれだけ人間のおそろしさをし(っ)ているのだろうと思う。

 

でも彼女も反せいしているみたいなので許してあげてほしいなぁーと思った。

 

彼氏の元の彼女が途中から出てきて、いやがらせをするところはこわいなぁーと思ったけど、彼氏は怖くないみたいでした。(だって元カレだもの)

 

そして元の彼女が無理やりに主人公の女の人(を)バイトさせると、その店の人たちはみんなやさしい人ばかりで、みんな仲がいいからここにいたらいいのにと思っただろう。

 

最後のほうはわりととつぜん話が切れるのはびっくりしたけど、人間ってふくざつだなぁーと思いました。もっと相手のことを考えてあげたら、もっとうまくいくかもしれないけど、あんがいこの二人はこれでいいのかもしれないと思った。

 

映画もやっているみたいだけど、機会があればみたいなぁーと思っただろう。

 

 何かを抱えて生きていく夫婦の話↓

きいろいゾウ

きいろいゾウ

 
きいろいゾウ (小学館文庫)

きいろいゾウ (小学館文庫)

 

 

 

 

今日の電車

3両目

 

今日も私は電車に乗る。

 

暇つぶしにスマホを取り出し、新作のアプリを始める。

 

画面の向こうにはかわいい犬のキャラクターが微笑んで手を振っている。

 

驚いたことに犬は二足歩行で歩き回っている。

 

「名前を教えてワン」

 

うわっ。

 

イヤホンをしているからいいようなものの、とても朝から大人がするゲームではない。

 

もっとも、ほとんどの人が自分のスマホに夢中になっているか目をつぶっているか、とにかく私に注意を払うような人はいないので、声さえ出さなければ大丈夫だ。

 

私は本名を教えるか、しばし迷った。

 

一方で、邪な気持ちが頭をもたげ、指が勝手に走り始めた。

 

「ダンナさんでいいワン?」

 

あくまで語尾をワンで通すことに若干のいらだちを覚えつつも、私は承諾のボタンを押す。

 

「今日はいい天気ワン?」

 

いい天気かどうかは見れば分かるワンと思いながらも、教えてやることにする。

 

今日はあいにく少し雨が降っている。

 

「けっこうなおしめりですワン」

 

なんだ、それ。

 

何となく嫌なフレーズだ。

 

「いつまでもお変わりありませんワン」

 

いつ、私と会ったのだ。

 

唐突でいかにも社交辞令な会話。

 

犬の分際で、かわいいキャラのわりにビジネスマンみたいな会話だ。

 

「僕の名前を教えてワン」

 

お前はオスなのか。しかもいきなり媚びてくる。飼われることが前提だ。二人の距離はまだ遠いのに。

 

これが人間だったら、名刺交換の後、いきなり居候させてくれと言っているのだからなかなかすごい。

 

「ジョバンヌ・トリエント・レオナルド・ダビンテですニャ?」

 

ネコ?

 

バグだろうか。

 

そんな私の戸惑いをよそに画面の向こうの会話は続く。

 

「シロでいいですワン」

 

だったら、聞くな。

 

「シロと呼んでワン」

 

うーむ。懇願か。

 

しかし、画面の中のつぶらな瞳に私は負けた。私の指はまたしても走る。

 

「それでいいワン」

影響されている。完全に向こうのペースだ。

 

「やったーワン」

 

アニメのパクリか。

 

「ところで悩みはありますか?」

 

個人情報を聞き出してきた。ワンはどうしたのだ、ワンは。

 

私の悩みはいつも決まっている。というより人類全般の共通の悩み。

 

それは人間関係だ。

 

私は実名は出さないように気をつけながら、詳細に実情を入力した。

 

さて、犬公は何と答えてくれるのだろうか。

 

シロは少し憐れむような表情を浮かべ、くるりとターンを決めこう言った。

 

「お察しします」

 

 

大人。

 

シロ、大人。

 

どこまで想定された会話かは分からないが、おそらく無難に合うような会話パターンがあるのだろう。

 

私はまたしばらく会話を続けた。

 

その間もシロは、

 

「それはやりきれませんね」

 

「ご時世ですかね」

 

などと人生の先輩のような相槌を打つ。

 

私は次第にシロを先生と崇めたくなるような気持ちになった。

 

先生。

 

まさか学校を卒業してから、この呼称を口にするとは思わなかった。

 

シロ先生。

 

先生は、議論が好きである。

 

「お言葉を返すようですがー」

「お含みおきください」

「老婆心ながら申し上げますとー」

「それは一理ありますね」

 

もはや犬の語尾ですら無くなっていることに違和感もなく、的確なタイミングで私を翻弄する。

 

私の指はせわしなく、心は熱くなる。

 

「意外な一面をお持ちなんですね」

「分かっていてもなかなかできないことですよ」

 

おだててる。

 

そう思いつつも、この胸の高鳴りは止めようもなく、バーチャルキャラに恋心すら抱きそうになる。

 

ダメだ。

 

ここは電車の中だ。しかもオスではないか、ダンナさんよ。

 

まさか朝の満員電車の中で大の大人がこのような状況になっていようとは夢にも思うまい。

 

私はいたって現実的な常識人なのだ。

 

やめよう。まだ目的の駅まで少しあるが、このゲームはここまでだ。

 

私はスマホをカバンにしまいこむ。

 

と、その瞬間、イヤホンがどこかにひっかかり外れる。

 

そして、思ったよりも大きな音声で、

 

「今日も一日頑張るワン!!」

 

ちょっとした静寂。

 

時は流れているはずだが、止まっている。

 

さっきまでのビジネス口調はどうしたのだ。

 

刹那の羞恥プレイ。

 

その日、私はいつにもまして長い通勤電車に揺られた。

 

 

できる大人のモノの言い方大全

できる大人のモノの言い方大全

 
できる大人のモノの言い方大全 LEVEL2

できる大人のモノの言い方大全 LEVEL2

 

 

世界から猫が消えたなら

 遅ればせながら観ました。

世界から猫が消えたなら
 

 

一時期、書店に行くとやたらと目にした

 

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

 

 

こちらの本が気にはなったのですが、僕は犬派なのでどうにもネコだけ取り上げるなんてずるいゾという気持ちが湧きあがり、そのままにしていたのです。

 

ただ川村元気さんには興味があって、

 

 

電車男 スタンダード・エディション [DVD]

電車男 スタンダード・エディション [DVD]

 

 

 

 

告白

告白

 

 

 

悪人

悪人

 

 

 

モテキ

モテキ

 

 

 

 

君の名は。

君の名は。

 

 

 

怒り

怒り

 

 

といったプロデュース作品はいずれも好きなものが多いので、自身初の小説の映画はやっぱり観るべきではないかという自らへの怒り(?)から観ることにしました。

 

川村さんは以前、テレビ番組で、

 

道端でいつも目にしている誰かの落し物を拾い上げて、これは誰の物ですか?と声に出すのが自分の仕事だと思う、というようなことを語っていました。

 

ありていに言えば、忘れてしまった何かを思い出させてくれるという視点が作品の根底にあるように思います。

 

とくにこの「世界から猫が消えたなら」は、主人公にとって大切な物を猫という生き物で表現しているのですが、

 

もしも自分の大切な物がこの世から消えてしまったら、と考えると、自分にとっての世界構成について考えることになり、「それ、自分のです!」と周りが振り返るのも構わず叫んでしまうような気持ちになれば、結構泣ける作品です。

 

作品自体は、サビだけを繰り返すような感じで、ピアノの旋律に従って、何となく眠気に誘われながら、ゆったりと観るといいかと。

 

自分の命と引き換えに、電話や映画という存在が消え、それにまつわる周りの記憶や思い出が消える。そして、自分だけがそのことを知っている。

 

これを理屈っぽく観れば、面白くはない。でも、ファンタジーとして観れば、世界に浸れる。

 

まるで映画のように断片的に繰り返されるシーン。時系列はバラバラで、この映画自体が、映画というものの存在の一面を象徴しているような作品でした。

 

結局、映画って画面の向こう側に行けるかどうかで、自分の中の価値が決まるので、その時の自分の状況や感情によりますよね。

 

そういう意味では、僕にとってはなかなか良かったです。

 

世界から文字が消えたなら。

 

考えたくないですw

猫と友達になるゲーム

 その名もネコトモ。

 

 

これにはクマと友達になる

 

という前作があるのですが、いろいろと個人情報を質問攻めにされるらしく、大人がプレイすると軽く鬱になるシステムだったようです。それをいろいろと改良して、小説10冊分の会話で毎日1時間、ながーくゆるーく遊べる会話ゲームになったらしい。

 

nekotomo.bn-ent.net

 

You Tubeで動画検索すると、みなさんこの可愛いネコちゃんにきわどい言葉を教えて楽しんでいるみたいです。

 

まぁ、この流れは、

 

 

ガゼー博士の実験島 シーマン~禁断のペット~同梱版

ガゼー博士の実験島 シーマン~禁断のペット~同梱版

 

 

 

どこでもいっしょ - PSP

どこでもいっしょ - PSP

 

 

なんかですでにあったものですが、AIの進化に伴っていろんなゲームが今後も出てくるでしょう。

 

他にも大人気の

 

 

 

とびだせ どうぶつの森 - 3DS

とびだせ どうぶつの森 - 3DS

 
どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー - 3DS
 

 

 

要は見せ方ですね。どんなキャラがどんな会話をしてくれるのか。

 

親友のいない人にオススメですw

中学聖日記

中学生日記だと某有名番組になっちゃうから、こういうタイトルなんでしょうね。

 

いやー面白いですよね。ツッコミどころが多くて。

 

別にハマってないですよ。

 

ただ、何だかみんなネジが少し外れてる人ばっかりで、なかなか笑えます。

 

特に吉田羊がスゴイ。

 

明らかに壊れた上司。部下で有森架純の婚約者を誘惑し、ズカズカと土足で二人の間に入り込む。

 

メインの中学生の子が架純ちゃんにまっすぐに愛を告白するのは、まだ理解できる。賛否両論はあれど、子どもだから社会のルールなんて関係なしで暴走したくなるのも仕方ない。

 

でも、吉田羊はある意味パワハラ、セクハラと取られても仕方ないくらい暴走してる。しかもバイ。どんな設定なんだ、これ。

 

でもね、僕がこのドラマにハマーいや、見続けているのは、主題歌の力なのです。

 

なんだか気になって、ダウンロード購入しちゃいました。

 


火曜ドラマ『中学聖日記』初回放送に先駆けスピンオフムービー公開【TBS】

 

 

この曲。なんか声が素敵。出だしがホラーみたいでちょっとゾクっとしますが。

 

なんだろう。

 

どこかで聞いたような。

 

そして、アッ!と思い出しました。

 

数年前、よく見ていたYou Tubeの動画。

 

あの小日向さんも癒されると絶賛していた、無名の女性シンガー。

 

名曲のヒーリングカバー。

 


奏(かなで) / スキマスイッチ COVER by Uru


ひこうき雲 / Covered by Uru


愛し君へ / 森山直太朗 (女性が歌う) COVER by Uru


ひまわりの約束 / 秦基博 ピアノ COVER by Uru


JUJU / やさしさで溢れるように by Uru


コブクロ / 未来 by Uru


真夏の果実 サザンオールスターズ(女性が歌う真夏の果実) COVER by Uru


会いたい / 沢田知可子  by Uru


海の声 / 浦島太郎 au CM   by Uru


ワインレッドの心 / 安全地帯 ピアノ COVER by Uru


フレンズ / レベッカ     Uru


桜 / 清水翔太 COVER by Uru

 


Uru 〈名曲 cover〉BEST


Uru〈名曲 cover〉BEST Ⅱ


Uru 〈名曲cover〉BESTⅢ

 

やっとデビューしたんだ!

 

と思ったら、すでに


Uru 『奇蹟』 (TBS金曜ドラマ「コウノドリ」主題歌) cover by Uh.

 

主題歌もされてたんですね。

 

でも、自分色に染め上げたカバー曲が素晴らしい。再生回数が物語っていますよね。

 

声の透明感もさることながら、表現力が繊細で心に響きます。uruさんで検索するとたくさんあるので、気になった人は見てみてください。

 

菜々緒と福くんだったら、やっぱこれは無いよなと思えるのですが、有森架純が25歳にしてはかわいすぎて、中学生役の彼は中学生に見えなくて、なまじお似合いに見えなくもないから、頭の中では関係を否定しても、見てしまう。見れてしまう。

 

そして、ついに来週は3年後に舞台が移り、中学生の彼は実年齢19歳だそうですが、見た目の違和感が無くなる。

 

これはいやでも来週が気になります。

 

気になるんかい!

 

ハマっとるやないか。

 

だって、ドラマだもの。

 

ありえないからいいんであって、現実にはあるだろうけど、もっとグロいだろうから見たくない。

 

アニメを見る感覚ですね。

 

これが、中学生を持つ母親だと身近すぎて見れないでしょうが。

 

とにかく吉田羊と架純ちゃんの知人の友近はどの立場?とツッコミながら、メインの二人の純粋さにキュンとしてしまう。

 

キュンとするんかいっ!

 

陰と陽のバランスに妙にハマってます←認めたw

 

 

 

素敵な書店巡り

 

 

昨日、買った雑誌。

 

600円の雑誌って、割高な気もしますが、表紙にある通り京阪神の書店を紹介している記事がたっぷりあって、保存版として満足したのでむしろ安いとさえ思います。

 

もちろん地図も載っています。

 

最近ネットで見かけた無人の古本屋さんも面白いですが、

yadokari.net

 

図書館職員、料理人、歌人など50組を超える人たちが本棚を間借りして、交代でシェア販売を行なうというコンセプトの古本屋さんや

www.irusubunko.com

 

逆にお一人で会社勤めの傍ら営業するため、平日は週3回の19-21:30という夜の限定時間にしか開いていない本屋さんなど

hanebunko.com

 

普通に街角を歩いているだけでは、なかなか知ることのできない町の本屋さんが紹介されていて、掲載画像を見るだけでもゆったりとした時間に浸れました。

 

同じ本でも置かれる環境で違った風に感じるから不思議。

 

どうやって経営が成り立っているかも不思議w

 

でも、無くなって欲しくないなという思いが経営熱を高めた結果、細々と存在しているのでしょう。

 

先日テレビの報道番組で、シェアで飲食店を日替わり経営するお店が紹介されていたのですが、赤字経営でも週に何回か好きなお店が、場所だけ借りることで通常の資金よりも安く実現できる楽しさがそこにはあって、店主もお客さんも笑顔があふれ、素敵な空間でした。

 

オンライン店舗と実際の店舗の違いは、人との距離感なんでしょうね。

 

 

 

a man of クイズ

a man of science といえば、「科学者」という意味ですが、昔からこのofの後ろにくる言葉でいろんな人になる訳語に興味があります。

 

ちょっとした連想クイズみたいな感じで面白いなと思うのです。

 

そこで、今日はどんな人を表しているか先に英語を載せて、後で解答を書いてみるので、暇つぶしに考えてみてください。

 

a man of letters

a man of action

a man of business

a man of God

a man of many moods

a man of the world

a man of abilitiy

a man of promise

a man of learning

a man of good sense

a man of importance

a man of character

a man of means

a man of one's word

a man of few words

a man of house

 

 

さて、用意はいいですか?

 

では、解答を

 

a man of letters 文学者

→letter には手紙だけではなく、文字や文学という意味mあります

a man of action 活動家

a man of business 実務家

a man of God 聖職者

a man of many moods 気分屋

a man of the world 世間に慣れた人、俗人

a man of abilitiy 才能がある人

a man of promise 前途有望な人 

→ちなみにpromising は「前途有望な」という形容詞です

a man of learning 学者

a man of good sense 良識のある人

a man of importance 重要人物

a man of character 人格者

→キャラクターというと、性格や登場人物のイメージですが、Chinese characters と言えば、漢字のことで表意文字の意味もあります。ちなみに先ほどのletterは表音文字です。

a man of means 資産家

→ここでは「意味」ではなく、複数扱いの名詞「財産・資力」の意味。by all means は承諾の返事「よろしいですとも」

a man of one's word 約束を守る人

a man of few words 口数の少ない人

a man of house 世帯主

 

いかがでしたか?どこかで面白いフレーズを見かけたら、また更新してみようと思います。