私がブログを書くと言うとみんなが笑いました。でも読み始めるとー

タイトルはアメリカで有名なキャッチコピーをアレンジしたものです。

 

一体、何があったんだ?と気になった人が今この文章を読んでいるのではないでしょうか。

 

ブログのタイトルって大事ですよね。

 

たとえば、次のようなタイトルだとどうでしょうか。

 

・玉ねぎ

・テレビ

・ノート

 

これだと内容がイメージしづらくてあまり読もうという気にならないですよね。

 

でも、これをそれぞれ

 

・玉ねぎを水につけて保存していませんか?

・このテレビ番組が面白い。おすすめベスト10

・これで合格!効率重視のノート術

 

とするだけで、読もうとする人は増えるのではないでしょうか。

 

何かの商売を始めたい人、動画やSNSの宣伝をしたい人におすすめの本がこちら

 

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則

 

 

コピーの実例が豊富に載っていて、元は古い本なのですが、毎日どこかで目にする宣伝文句がこれらの応用であることが分かります。つまり普遍的な法則がまとまっています。

 

その昔は、チラシに統計が取れるような記号を入れたり、街頭調査をするしかありませんでしたが、今や簡単にアクセス解析ができる時代。

 

誰でも大してお金をかけずに多くの人にメッセージを送ることができる現代こそ、どうやって人の関心をひくことができるかが必要となっています。

 

目次が法則のまとめになっているので、参考書代わりに使うのもいいですね。

 

 

↓こちらはコピーというより、ちょっと心に残る短文集という感じです。

毎日読みたい365日の広告コピー

毎日読みたい365日の広告コピー