今も昔も松本人志

 僕には一つ自慢がある。

 

それはあの天才松本人志さんと誕生日が同じ事だ。

 

毎年、自分の誕生日を迎える度に、松本さんと同じなんだと実感して嬉しい。

 

学生の頃はダウンタウンばっかり見ていた。

 

デビューの頃、「4時ですよ〜だ」も見ていた。第一回目のゲストが明石家さんまさんだった事も覚えている。

 

デーモン小暮がゲストに出て、異常な人気っぷりにふかしげな表情をしていたのも記憶にある。

 

それほどに過剰な人気で、アイドル並みだった。

 

今は亡き二丁目劇場。今そこにはサイゼリヤとかが入ってるけど、もう少し大人だったら絶対見に行ってたに違いない。

 

UAがおっかけをやっていて、その息子の虹郎くんが役者として活躍しているのを見ると、もうそんなに時間が経ったのかと驚きですらある。

 

リアルタイムに放送が見られただけでも関西人で良かったと思う。ダウンタウンの素とか面白かったな、と今でも時々思い出す。

 

MBSダウンタウンは毎週聞いていて、木曜日がホントに待ち遠しかった。

 

みっちょんやYOUとの掛け合いも懐かしい。

 

やがて僕らのダウンタウンは、みんなのダウンタウンになった。

 

そこからもすごかった。

 

今から考えると当然の事だけど、その才能の凄さを目の当たりに見てきた。

 

笑いを変えたと言っても間違いではないと思う。

 

それくらい、今の人気芸人に影響を与え、そして与え続けている。

 

でも、ふと寂しくなる時がある。

 

また僕のダウンタウンになってくれないかな、と。

 

そんな時、松本さんがラジオをやっている事を知った。

 

とは言っても、放送が終了してからだ。

 

何でも音声として発売するという。

 

それからは新しい音源が発売されるのが楽しみだった。

 

全391回の放送を手に入れ、もう何回も繰り返し聞いている。

 

ほぼ毎日寝る前にもつけている。

 

何か暇になると聞いている。

 

それなのに、なぜこんなに面白いのだ!

 

知っている、話のオチも流れも知っている。

 

だけども、だけど、絶妙な間、すごい屁理屈。

 

笑いの神降臨。

 

完敗。

 

凡人では思いもつかない発想。

 

僥倖。

 

出会いに圧倒的感謝。

 

いいざんす。

 

福本信行みたいになってしまったが、とにかくこれは家宝レベル。

 

死ぬまで聞きたい。

 

また放送してくれる日を楽しみにしています。

 

 

放送室 VOL.101~125
 

 

 

 

 

放送室 VOL.151~175

放送室 VOL.151~175

 

 

 

放送室 VOL.176~200

放送室 VOL.176~200

 

 

 

放送室 Vol.201~225

放送室 Vol.201~225

 

 

 

放送室 VOL.226~250

放送室 VOL.226~250

 

 

 

放送室 VOL.251~275

放送室 VOL.251~275

 

 

 

 

 

 

 

放送室 VOL.326~350

放送室 VOL.326~350

 

 

 

放送室 VOL.351~375

放送室 VOL.351~375