以外と意外

ネットでよく見かける誤字としてよく見かける言葉です。

 

以外ーexcept

意外ーsurprising,unexpected

 

と書けば、違いが伝わりやすいと思います。

 

でも、今では意外なことに対して「以外」と使っている文章を見かける事が多くなり、本当に意外な気持ちになります。

 

これは変換ミスによる選択ミスなのだとは思いますが、怖いのは間違った変換を続けると予測変換の優先順位が変わり、いつしかそれが意外でもなくなり、それ以外の言葉を選ばなくなる事です。

 

手書きで文字を書くと言葉の選択に迷った時は、辞書を引くので同音異義語が目に入り、意味を読み比べて言葉の使い分けを覚えるわけですが、

 

今ここまで読んできて、特に何も思わない人との差と言いますか、普段から意識しない人はやっぱり間違い続けるのでしょうね。

 

少なくとも僕は言葉に対するアンテナを張っていない以外の人になりたいです。