マリオにおける考察

マリオ

 

 

スーパーマリオ オデッセイ - Switch

スーパーマリオ オデッセイ - Switch

 

 

世界的に有名で、いつも無邪気な子どものように縦横無尽に跳ね回る彼。

 

本名は、

 

山田・クリスチーネ・真理央二世。

 

ジャイ子か。

 

しかも二世。

 

ところで一体、彼はいくつなのであろうか?

 

1981年にドンキーコングで華々しくデビューし、出す曲出す曲ミリオンセラー、デビューのきっかけは路上で弟とパフォーマンスをしていたところ、プロデューサの宮本茂の目にとまったという。

 

ちなみに弟の名はルイージ

 

本名、

 

郷田・フラシスコ・類似四世。

 

もうつっこむのさえ面倒だから、このままにしておく。

 

たまにルイジーと発音する人がいるが、それはキュリー夫人を胡瓜夫人というくらい失礼な事なので、この際改めよう。

 

彼が主役の作品はあまりないが、

 

 

2まで出たという事は、それなりにニーズがうかがえる。さらに3も発売発表がされました。

 

あと、

 

 

New スーパールイージ U - Wii U

New スーパールイージ U - Wii U

 

 という

 

New スーパーマリオブラザーズ U - Wii U

New スーパーマリオブラザーズ U - Wii U

 

 のパチモンめいた作品がある事も付け加えておこう。

 

さて、話はマリオの年齢に戻す。

 

すでに20年以上は経っているが、全く容姿が衰えない。

 

まるで

 

 

安室奈美恵である。

 

安室と言って連想するのは、

 

 

 

そう言えば、コナンくんも見た目は子どもである。

 

蘭ねーちゃんと無邪気に呼びかける彼は、リアルに時が経っていれば1994年のデビューから四十は過ぎている立派なおじさんである。

もっともそれなら蘭も同じ年。

 

少年探偵団も立派に中年探偵団である。いや、もう探偵はしてないか。

 

そんな彼が、あらゆる女子に近づく小学生の話。

 

怖いではないか。

 

ベルモットのようにメイクで若返りというのとは違って、コナンは薬の効果で小学生になっているのであるが、

 

もし自分が小学生だったら、神童と呼ばれるくらいの学力はあるだろう。

 

まぁ、そのうち段々衰えて凡人になるのがオチだけど。

 

さて、マリオの話である。

 

マリオもまた見た目は子どものようである。

 

しかし、ヒゲがある。

 

どっちなのだ。

 

ただ、彼の身体能力は驚異的だ。

 

何しろ、三段跳びでもしようものなら自分の背丈の何倍ものジャンプ力。しかも怪しいキノコの力で進撃の巨人並みに巨大化もできれば、火を投げたり、無敵したり、たぬきやかえる、地蔵のコスプレさえもこなしてみせる。

 

何者なのだ。

 

世界的スーパースターにして、全ては謎に包まれている。

 

あれだけの有名な作品に出ているのだから、とんでもないギャラをもらっている事は想像に難くない。

 

実際、楽屋ではいつも「疲れた」とか「この仕事も楽じゃない」と愚痴をこぼしているという。

 

しかし、世界中の子どもに夢を与えている商売である。弱音は許されない。

 

生命保険は認められないという。

 

なぜなら彼には残機があるからだ。

 

実際、何度も死んでは復活する。

 

ゲームオーバーになってもまた復活する。

 

察するに彼には綾波レイのようなクローンが任天堂の地下のセントラルドグマに安置されているのだろう。

 

毎回、新しいアクションを覚えるのも大変だという。

 

寄る年波には勝てず、膝が思うように曲がらないのだと苦笑いした彼の表情は寂しげで忘れられないとピーチ姫は語った。

 

でも、そもそも、ピーチ姫こそ元凶である。

 

いつもいつもクッパにさらわれて、SOSを出す彼女。まるでルパンと峰不二子のような関係。腐れ縁。

 

けれど、ピーチ姫も語る。

 

これはあくまで役柄である、と。

 

私だって毎回毎回クッパにさらわれるのはいい加減飽きた、と。

 

もし自分がそういう状況に置かれたら、セコムにお願いして厳重な部屋に住むのだと。

 

そもそも、クッパは怪獣であって、人ですらない。そんなリアル美女と野獣ごっこやるのは楽ではないのだと。

 

自分の事を美女と呼ぶあたりがいかにも彼女らしいが、その気高さと品性がピーチたるゆえんである。

 

というか、マリオカートを見ていると実はみんな仲良しなんではないかと勘ぐってしまうのは僕だけだろうか。

 

みんなカートに乗って遊んでいるではないか。

 

クッパは火も吹かず、みんなと同じアイテムで正々堂々と戦う。

 

時にゴルフ、時にテニス、時に様々なオリンピック競技、時に大乱闘。

 

もうVS嵐の世界である。

 

劇団マリザイルである。

 

おそらくこれからも彼らは全く歳を取らず、コントローラーを握っている我々のみが老朽化していくのだろう。

 

マリオ、恐ろしい子

 

 

ガラスの仮面 コミック 1-49巻 セット (花とゆめCOMICS)