やっぱりオレンジデイズ

いろんなドラマを見てきましたが、青春してるドラマと言えば、

 

やっぱりオレンジデイズですね。

 

今見ると役者さん達にいろんな人生を感じますが、一言で言うとみんなカワイイ。

 

子どもでいられる最後の学生生活で、彼らは悩み、今というかけがえのない時間が終わりに近づいている事を肌で感じる。

 

それは見ているこちらも同じで、ずっと今が永遠であったらいいのにと思わせてくれるステキな作品です。

 

何回見ても、いいなぁと。

 

ミスチルHANABIを聞けばコードブルーを思いだすように、Signを聞けばあのシーンがよみがえる。

 

ガラス越しの手話の切なさ。もどかしい恋心。学生と社会人の狭間。オレンジノート。

 

手話のドラマと言えば、

 

 

星の金貨 DVD-BOX

星の金貨 DVD-BOX

 

 

 

続・星の金貨 DVD-BOX

続・星の金貨 DVD-BOX

 

 

のイメージでしたが、こんな手話の見せ方あるんだと感心しました。上海ハニーは恋ダンス並みにカッコいい。

 

あと、普通の若者の俗な会話が手話で表現されてるのも斬新でした。

 

柴咲コウがよくある悲劇の障害者像でなくていいんですよね。

 

最終話見てから、一話のモノローグを見て、二人の出会いが始まるとまた妙にじわっときます。

 

 

でもさ、大人がずっと子どものままでも僕は別にいいと思うのさ。