愛しのコーヒーゼリー

僕は背が低い。象は鼻が長い。

 

僕の背は低い。象の鼻は長い。

 

ある日のこと、僕が冷蔵庫を開けると、目線の少し上にカップに入った黒い物体が三つ並んでいた。

 

家族の誰かが買ってきたと思われるそれが、網目状の棚から透けて見えたのだ。

 

三つの黒いカップ。

 

そう、コーヒーゼリーである。

 

黒い三連星である。

 

しかし、手前には白い奴がいた。

 

そう、ヨーグルト連邦軍である。

 

連邦軍の壁は分厚い。

 

少なくともあと数日は消費しないと、たどりつくことはなさそうだ。

 

それからの僕は冷蔵庫を開けるたびに、コーヒーゼリーの存在を意識した。

 

くる日もくる日もあの子の存在を確認し、時には気づかないふりもしてみながら、

 

抑えきれない気持ちを毎日つのらせていた。

 

そしてついに運命の日を迎えた。

 

その日は朝から心のどこかがざわついていたと思う。

 

冷蔵庫を開けると、連邦軍の壁は崩壊し、今日の夜食のデザートになることは確実だ。

 

コーヒーゼリーメジャーデビュー決定‼︎

 

路上ライブとは名ばかりの誰も見向きしない所でギター片手に歌っていたあの子が、ついに今日、夢の大舞台でスポットライトを全身に浴びるのだ。

 

僕は高ぶる気持ちを抑え、家を後にした。

 

外で食事をしていてもコーヒーゼリーの口になった僕は、彼女の事ばかり考える。

 

そして夜。

 

夜は誰にでも平等にやってくる。こんな背の低い僕にもだ。

 

夕食をいつもよりゆったりとした調子で食べ終え、僕はついに黒い三連星に手を伸ばした。

 

少しかかとを上げて引き寄せたそれは、かわいいカップが三つ並んで包装されている。

 

ん?

 

直後に感じる違和感。

 

もし僕が漫画の主人公だったら、目が点になるか、ちびまる子のようにどよんとした縦線が入っていただろう。

 

僕の手の中にあったのは、もずくだった。

 

オシャレでかわいいカップに鎮座ましましているのは、無数の黒い渦をまくもずく達だったのだ。

 

腹を立ててはいけない。

 

誰も悪くはない。

 

僕は努めて冷静な手つきで一つ取り出すと、カップゼリーの面持ちでおもむろにフタを開け、一気に喉の奥へともずくを流し込んだ。

 

デザートだったはずの味は、酸っぱい味がした。